ABOUT US創業1780年 カスティージョ・デ・カネナの早摘みエキストラバージンオリーブオイル

栄養成分が豊富で、個性あふれる早摘みの実を搾ります。

早摘みオリーブオイルの美味しさ

オリーブの実は熟すのが早く、一日一日油分を含んでいきます。そのためカネナは搾るオリーブの実を収穫し始めてから10日間のものに限定します。オリーブの栽培から収穫、搾油、瓶詰まで全てを手がけるカネナ社。実は収穫してわずか4時間以内に搾られる、最高品質のオリーブ油です。熟す前に摘みとる『早摘みオイル』には品種の個性が最大限にいかされています。まさに搾りたての果汁です。爽やかでひき立つ香りと、鮮やかな美しいグリーンの色、そしてオリーブに含まれるポリフェノール成分のピリッとしたスパイシーな辛味はカネナならではの鮮度の証しです。

オリーブが成長しようとする
若々しい時期に限定

カネナのオリーブオイルは、オリーブの実がまだ熟さないうちに収穫して搾ります。黒く完熟したオリーブの実からは、たくさんのオリーブオイルが搾れますが、品種の持つ個性的な味が薄くなってしまいます。そこでカネナは、オリーブの実が植物として成長しようとする、まだ若々しい時期に限定して実を搾り早摘みオリーブオイルをつくります。
しかし、早摘みの実には含まれているオイルが少ないため完熟の実と同じ量を搾るには、9倍もの実が必要です。オリーブ生産量世界一のスペイン。カネナの創業は1780年にまで遡り、所有する2,000ヘクタール(東京ドーム430個分)のオリーブ農園の豊富なオリーブ生産量がその品質を支えます。

広大な農園のオリーブの樹、1本1本にチューブを繋ぎ、降雨量・湿度管理を探知する衛星サテライトで土壌内の水分を調整。(これにより、香り・味・苦味が安定)

「オーガニック農法」よりもはるかに土壌に優しく、長期にわたり強い土壌をつくる事をめざす「ビオディナミ農法」を手がけています。

敷地内にはソーラーパネルを大規模に設置し、ほぼ全てにおいてかかる動力を、自社発電電力で補います。エコに取り組むその農法は、スペイン政府から「Integrated Production」賞という、統合的に生産管理をしている優良な生産者に与えられる賞、を受賞。この賞を授与されたオリーブオイル生産者はカスティージョ・デ・カネナ社だけです。その名誉ある農園を訪れるゲストは農学者はじめ化学者、農学生、など様々。

ABOUT US2017年収穫時期

Harvesting Calendar